そんなにいじめないで下さい。     

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

レバレッジ規制の無い海外業者
自信がついたらレバをかけて効率的に!
FXCM/ FOREX.com UK/ MIG/ FXDD/ IFC Markets/
GCI Financial/ eToro/ AVA FX/
全自動シストレ⇒FXCM UK×Zulu/ AVA FX×Zulu     
口座開設でお金や物がもらえる業者
キャッシュバックを利用して
PCもう1台をタダで手に入れよう!
※税金対策はこちら
マネーパートナーズ/ FXTS/ セントラル短資FX/ MJ/
FXメジャーズ/ ひまわり証券/ インヴァスト証券/
スター為替証券 クリック証券/ M2J/
サイバーエージェント/ ヒロセ通商/ みんなのFX/
FXonline Japan/ マネックスFX/
DMM FX/ FXプライム/ 外為オンライン            
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト

本文に行く前に、まずはぽちっとお願いしまつ σ( ・∀・)σ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  押して帰って下さいませ( ´∀`)>
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第2話ができました。いろんなことを盛り込みすぎたかしらw

本文に行く前に、まずはぽちっとお願いしまつ σ( ・∀・)σ


※FX-onから見てる方はそのままだと画像が汚すぎるので本ブログまでお越しください。
  http://pyoro.blog49.fc2.com/



ばんわーw
さて、朝(昼だったかな?w)に告知したように、前回の続きを書いていきますねw


※これは自分の体験した事を元に書いてます
人により考え方が根本的に違うかもしれないので、この記事の内容を鵜呑みにしないで参考にしてくださいねw



トレード講座?第2回 -検証のやり方を見直してみよう!-

ということで始まりましたw
前回から間を明けての第2回。お待たせしすぎですね。
いわゆる乞うご期待過ぎる状態でしたw
すいません・・。

さてさて、ではやっていきましょう!
前回はメンタルの鍛え方はありましぇん!という話をしました。

で、その流れで、検証は大事ですよーっと言いました。

そこで、まず
ちゃんと検証してからやってるのに、実際のトレードは全然うまく運ばない
この現象について話して行こうかなと思います。


いわゆる、引っ張るつもりがすぐに決済してしまったり、本来すべき決済を先送りしてしまったりですね。

これらはトレード中に出てくる『恐怖による現実逃避』の感情が原因ですが、前回も言ったようにそれを直接抑えることはできません。

というより、自然に出てくる感情を抑えながらやってもつらいだけなので、そのやり方は継続できませんし、これまた聖杯探しへとつながります。

え?んじゃ、感情むき出しでいいの?

って話になりますが、そうではないんです。
感情が出てくる事自体をなくせばいいんです。

根本的に姿勢を変えちゃうんですよ。
どうやって?って思いましたよね。おいらも疑問でした。
淡々とトレードするなんてどうやったらできんのよ?って思ってました。


実はこのことはかなりの核心的な話題で、これからもちょくちょく出てきます。
第3回、第4回と続く中で同じようなことを違った視点から見ていくと思いますので、自分で納得いくように消化してみてくださいねw



で、その姿勢を変える時のキーワードは

『自信』

つまり、

自分の見てきたものに対する考え方や、それに伴う自分なりの結論を信じて
それゆえの行動をまるっと認める


これが大事なんですよね。

で、自信を持つために必要なもののうちの1つが検証です。
というか、トレードで自信を持つためには
細かいバックテストの結果と、実際に相場を見ていろいろ考えたフォワードテストの結論
これを自分なりに噛み砕いて理解して納得するしかないんですよね。

逆に言えばこれさえやればOKです。
ここまでが今回言いたかったことです。

んで、今日のお題にもなってる検証のやり方なんですが、

常に右端で考えるようにする
これはかなり重要です。

ここからの図を順番に見てください。
右端に視点を置いてくださいね


001_20101228010637.png
↓↓↓
↓↓↓
↓↓↓
002_20101228010621.png
↓↓↓
↓↓↓
↓↓↓
003.png
↓↓↓
↓↓↓
↓↓↓
004.png
↓↓↓
↓↓↓
↓↓↓
005.png

↓↓↓
↓↓↓
↓↓↓
その後
006.png


はい。
では次に

一番下の1枚だけを見てください。

どうですか?
この最後の1枚だけを見たとき
「ここで買えば良いのに」
っていうところはすぐに見つかりますね。

でも、実際は左から右にしか時間は進みません。

最後の1枚だけを見たときは1箇所だけ入ってプラスの結果。
上から順番に見たときは押し目割れてカットを経験。


こういうことになるんですね。


自分が検証してるときって、この最後の1枚だけを見て行ってるときと同じ現象が起こりやすくないですか?
右から左に目が動いてませんか?
おそらく無意識に起こってるかもしれないので、

検証はいけてるのに・・
って思ってる場合は、チャートをギリギリ右まで入るポイントに移動させて眺めてください。

検証のためにただ過去のチャートをぼんやり見てるときと感じることが違うはずです。

つまり、検証のときは右端で考える!

これに注意すればOKです。

実際にカットしたり利食いする数値まで出してしまった後に右端まで移動させていって、ポイントごとに1個1個考えた方が分かりやすいかもしれませんね。


長くなりました。
ここにきてこんなこと言うと、ちょっとおかしく感じるかもしれませんが
ここで言いたいのは

未来を当てることは不可能

ということです。


ん?これからどうなるのかを予想してそこにお金を投じれるようにするために検証したんでは?と思いがちですが、違います。

では、検証の目的とはいったい何でしょうか?
その答えは、おいら的な見解ですが、

自分の立場を有利にするためにできる最善策は何なのか?を過去の時点(過去の今)から考える

ということだと思います。
立場と言いましたが、これは

ポジを持つのか持たないのか、持ってたらどうするのか

ということですね。

そして、実際にトレードしてるときに集中するべきなのはたった一つ。

今何が起こってるの?

これを理解しようとするだけです。
自分なりに理解できたら、あとは検証した過去のチャートの通りになるような簡単なシナリオ立てて入ってみる。
これだけなんですね。

未来を当てに行く必要はないです。
過去と違ったらカットするだけです。

検証のとおりやってカットになったなら、自分の検証が間違ってたわけではなく

今回のチャートの動きはそうなっただけ

なんですね。
まぁ、もちろん反省や修正は必要なんですが、根っこからひっくり返す必要はないです。
微調整をするだけです。

入るポイントで入ってカットが重なったとしても、全体で勝てるようなルールを作っておけば、カットも想定内のこととして処理できるので問題はないです。


それでもやっぱりあまりにも不毛な取引が続くと、検証の意味ってなんだろう?いったいわしゃ何をやってきたんじゃい・・・。適当に雰囲気や感覚でやったほうがいいんじゃないの?って感じるときがあります。
でも、過去チャートの検証にはちゃんと意味があります。

人は同じ過ちを犯すものです。
時代は繰り返す。だからチャートも繰り返す

つまり、過去のチャートを検証することで、自分のお金を相場に預けてもいい状態なのかを確認するために過去を検証していくんですね。

やっぱり実際のチャートで冷静に判断するには検証が必要なんです。


うまくまとまったところで、今回はここらへんで終了します。
結構長かったですね。お疲れ様でした

次回はルール作りでのカーブフィッティングとは?をお送りします。
お楽しみにw
では、おやすみなさい!
スポンサーサイト

  押して帰って下さいませ( ´∀`)>
なるほどそーでつか...
次もまたその次もたのちみにしてまーつv-10
[ 2010/12/28 10:45 ] [ 編集 ]
>びってるさん

コメありがとうございますv-410
おいらの体験から言ってることなので、あくまでも参考程度にしてくださいねw
次は年明けになるかもなので、しばしお待ちをw
[ 2010/12/28 11:46 ] [ 編集 ]
こんばんは
はじめまして

出来上がったチャートに、枠で囲って「ここが取りやすいよころ」って書いてる人がいますね。
でも、その枠の左端のエントリー時点では判断が難しいですね。
[ 2010/12/28 21:50 ] [ 編集 ]
>カトリーヌさん

はじめましてw
う~ん、実際にエントリーしたなら枠の左側に根拠があるはずなので
画像を載せてて質問受け付けてる所なら、エントリーのさらに左側視点での質問をしてみればいいかもしれませんね。

ただ、そこで入れるかはその人の経験にかかわるので、他の人が同じポイントを見ても入れない可能性は大いにあります。

確かにエントリーポイントって分かりにくいんですよね。
一見判断が難しいところでも下位の足で波ができてたり根拠があったりすると入れますし。

最終的には慣れと覚悟ですね。

ただ、見方をしっかりやれば何とかなるので
今後は波の見方やインジの捉え方、エントリーポイントの根拠の見つけ方詳細なども書いていこうと思いますw

コメントありがとでしたw
[ 2010/12/29 04:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

これだけ。あとは分かるな?
ボリンジャーの使い方


手法の組み立て方&メンタル
リアルタイム売買&つぶやき

Twitter < > Reload

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
意見投稿箱

名前:
メール:
件名:
本文:

下の投票ボタンをぽちっと♪
アクセスランキング
お気に入りに追加してちょ
My Yahoo!に追加
最近の記事+コメント
FXブログ検索

↑押したら閉じるまで待ってね にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ FXランキング

ぶっこ記録(大過去)


[閉じる]
ツイッターで更新情報を受け取れるよw http://twitter.com/dekamerons FXなう
※このボックスは1回消すと、次回ブラウザ再起動時まで表示されなくなります
[閉じる]
無利息
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。